こんにちは。

いつもキレイですっきりしたお口でいられると、気持ちのいいものですよね。

みなさんは毎日の歯磨きで、キレイを保っていっらしゃることと思います。

 

でも、自分で完全にキレイにするのは難しいものです。
磨きにくいところに取り残しがあったり、全体的に着色汚れが付いてしまったりします。

これはある程度は仕方ないことです。

 

お口の中は、自分で全部キレイにしようとするのではなく、
毎日の歯磨きと、歯科医院で行うメインテナンスの二人三脚で維持していくもの。

そう考えていただくとよいかと思います。

 

お口の中は見えないし、細かいし、自分だけでは無理です。
たまに専門家にクリーニングしてもらえばいいんです。

そうすれば健康ゾーンにい続けられます。

逆に、たまの専門家の掃除がないと、
汚れがたまって、病気ゾーンに入ってしまうということですね・・・。

 

写真は、3ヶ月メインテナンスの患者さまです。

ご家族でフロスをお使いになっていて、みなさんご自身のお口をとても大切になさっています。

クリーニング比較

左側:クリーニング後、右側:クリーニング前。
全体に着色が付いていましたが、
汚れを取ると白くなりました。

フロスと歯磨きでプラークは落とせていらしたのですが、
全体に着色汚れがついていました。

着色汚れもしっかり落としましょう。

左半分がクリーニング後、右半分はクリーニング前です。
(写真撮影のあと、右側もすべて落としました。)

クリーニング前後拡大

右側(クリーニング前)の歯の表面はざらざらして凹凸感があります。
汚れを取ると、歯本来のつるんとしたきれいな表面になります。
汚れのつきにくい表面です。

着色汚れが取れて表面はツルツルになり、舌で触ると気持ちいいですね。

気持ちがいいだけではなく、歯の表面がツルツルになったことで、
汚れがつきにくい表面に戻りました。

維持しやすい環境を作れたことになります。

 

これで、あとは毎日ご自身で出来る範囲でクリーニングしていただいて、
3ヶ月後にメインテナンスのご来院予定です。

 

お口の健康を維持するために必要な事は、基本的にはクリーニング(感染源を取り続ける)です。

・お家で行うクリーニング(セルフケア)
・定期的に歯科医院で行うクリーニング(メインテナンス)

この2つを続けていれば、お口は最大限守れます。

 

「最近痛いところないから歯医者行ってないなー」という方は、
一度、検査とクリーニングだけでも歯科を受診してはいかがでしょうか?

 

その場合は、最低限、「ちゃんと見えて診療する」拡大診療をしてくださる歯医者さんをお勧めします。
理由は→http://fujiishika.jp/2015/10/10/microworld-surgitel/

 

もし、治すところが見つかったらしっかり治して、
そのあとはメインテナンスを続けてお口を守ってあげましょう。

 

みなさまの大切な時間を、お口のストレスなく過ごしていただきたいと思います。

 

藤井歯科医院・副院長
藤井芳仁