被せ物が長持ちするためには、
被せ物の境目の隙間が少なく、ぴったりなことが必要です。

実際には、隙間をゼロにすることは物理的には不可能なのですが、
被せ物治療の一連の流れの中では、

計画を正しく立て、各ステップ一つ一つを精密、丁寧に行うことで、
最終的な隙間をできる限り少なくすることを目指します。

 

大切な治療ステップのうちの一つ、「型取り」の時点では、


型取りする歯は、健康な歯ぐきに囲まれていて、出血のない状態が必要です。

もしも、出血がある傷んだ歯ぐきのままで、型を取ろうとすると、

歯の上に、歯ぐきからの出血がのって邪魔をしてしまい、
型取りの材料が、歯を完全に覆うことができなくなってしまいます。

また、仮歯のない期間が長く経過したあとで型を取ろうとすると、

歯ぐきが、歯の上に覆いかぶさってしまい、
やはり、型取りの材料の邪魔をしてしまいます。
精密な型を取ることができません。

 

これらを防いで、長持ちする治療を行うためには、

・セルフケアの練習
・歯周病治療

を行い、歯の治療の前に健康な歯ぐきを作っておくことが必要です。

 

さらに、事前に仮歯を用いて、健康な歯ぐきを作り上げておく必要もあります。

型取りの時点で、引き締まった健康な歯ぐきに囲まれていれば、
出血や余分な歯ぐきが精密な型取りの邪魔をすることなく、
精度の高い被せ物を作ることが可能です。

 

精度の高い被せ物が入っていれば、あとは、
セルフケアと、定期的なプロフェッショナルケアでメインテナンスを行うことで、
むし歯や歯周病の再発は最大限防ぐことができます。

一つひとつの処置をできるだけ丁寧に精密に、日々の診療にあたっています。


皆さまが快適なお口で、楽しい毎日を過ごせますように
藤井歯科医院・副院長
藤井芳仁

名古屋市天白区植田
歯周病、インプラント、審美歯科、歯内療法、予防歯科、総合治療の
「大切な歯をできるだけ削らない、歯と神経を残す」歯医者|藤井歯科医院