こんにちは。

去る2月5日、ダイレクトボンディングのセミナーに参加しました。

講師の先生は、青島徹児先生。
びっくりするような美しいダイレクトボンディング治療をなさる先生です。

 

今回のセミナーは、受けたいと思ってから2年待ちでやっと受講できた、
私にとって、待ちに待ったセミナー。

参加応募開始直後に定員締め切りになる大人気セミナーなので、
申し込み当日はPCに張り付いて、スタッフにも助けてもらって申し込みを成功しました。

最前列に座るぞ!と気合いを入れて、一番に会場に着きましたが、席は指定でした(^^)

一日で講義と実習を交互に行います。

レジンは各メーカーからたくさんの種類が出ていますが、
今回使ったのは、写真に写っているオレンジ色の「プレミス」というレジン。

多くのダイレクトボンディングの先生が使い続けていらっしゃる通り、
色合わせ、器具で形を作る時の硬さや動きなど、好評のレジンです。

実習で使ってみても、とてもいい感じでした。

 

私がプレミスを初めて使ったのが、10年前。

当時、他のレジンとは違う操作性、美しさ、研磨後のツヤの出かたなどにびっくりして、
職場の先輩に熱く語ってしまったのを思い出しました。。。

最近は、他のレジンも使っていましたが、今回セミナーで使ってみて、
やっぱり私には使いやすくて合ってるのかな、と思いました。

 

とはいえ、ダイレクトボンディングは材料が全てではなく、

接着の理論
解剖学的形態の理解
道具を使いこなす技術
材料、器具
歯の形を作る技術
トレーニング
センス(これは変えられない?笑)

などなど、総合力で決まりますので、
勉強とトレーニング、頑張ります。

 

このセミナー受講以来、以前から(たまに)していた「歯のスケッチ」を強化。

基本の形と様々な個性を、頭に焼き付けるようにしています。
(絵心のなさにがっかりしながら…)

今回学んだ事を、患者さんにお渡しできるように、これからも研鑽を積みます。

 

これは、セミナー会場からの風景。

セミナー会場が、品川のビルの15階でしたので、
山手線、品川ー田町間に建設中の新駅の様子がよく見えます。

名古屋に戻る前、この辺りに住んでいたので、
街がどんどん変わっていく様子を見てワクワクしました。

東京オリンピックの時にはどうなっているのでしょうか。
楽しみです。

 

帰りは新幹線の待ち時間に、一人お疲れさま会。

このブログ初登場の、アルコール写真は小さめにしてみました。汗

帰りの新幹線は、その日の復習をして名古屋到着。

 

セミナー後、隣の席で受講していた先生といろんな話ができたり、
とてもいい空気の中勉強できて、楽しい一日でした。

 

少しでも患者さんの役に立てるよう、これからも研鑽を積んでいきたいと思います。


皆さまが快適なお口で、楽しい毎日を過ごせますように
藤井歯科医院・副院長
藤井芳仁

名古屋市天白区植田
歯周病、インプラント、審美歯科、歯内療法、予防歯科、総合治療の
「大切な歯をできるだけ削らない、歯と神経を残す」歯医者|藤井歯科医院