こんにちは。

今日は、銀歯の隙間から進行したむし歯治療について。
日常的によく行う治療の一つです。

一番奥の銀歯は、歯と隙間が空いているのが見えます。

歯と銀歯の間に隙間があり、その間に食べ物が入ってしまっています。

 

この隙間は、使っているうちに歯や銀歯が欠けてできたのではなく、

初めから隙間のある銀歯で、付けた当時は接着剤がこの隙間を埋めていて、
しばらくは問題がなかったけど、

時間と共に接着剤が唾液に溶け出して、隙間が露出してしまったと、予測しました。

レントゲンでは、

金属が重なって写ってしまい、中の状態はわかりません。

自覚症状はありませんが、
明らかに銀歯の下には虫歯があることが疑われるので、
患者さんは治療を希望なさいました。

 

銀歯を外してみると、

想像以上の状態でした…。

適合の甘い銀歯によって、周りの歯ぐきは傷んでいて出血したので、ラバーダムをします。

むし歯を取り除きます。
範囲は広いですが、深さ方向にはあまり進行していませんでした。

この後、さらに綺麗に仕上げてから、レジンで歯を保護します。

ボンディング処置をして、

フロータイプ(液状)のレジンを、

気泡が入らないようにするために、
また、
未重合(固まらない)部分がないようにするために、

細い針で少しずつ、薄くのばしては固め、のばしては固め、
を繰り返し…

ここまできたら、あとは新しい被せ物のために、

削って形を整えます。

 

今回の治療では、このあと型取りをして、終了です。

次回のご来院時には、新しい被せ物を接着して咬めるようになります。

 

今日は、普段よく行うむし歯治療の紹介でした。

 

歯は、治療するたびにダメージを負ってしまいます。

何度もむし歯を繰り返さないようにするために、

最小限、精密な治療で治して、
そのあとは、
質の高いセルフケア、プロフェッショナルケアでメンテナンスしましょう。

そのためには、一人ひとりに合ったセルフケアの方法をアドバイス、練習してくれて、
正確な診断、精密な処置を行う、かかりつけ歯科医院さんをパートナーに、健康作りをしましょう。


皆さまが快適なお口で、楽しい毎日を過ごせますように
藤井歯科医院・副院長
藤井芳仁

名古屋市天白区植田
歯周病、インプラント、審美歯科、歯内療法、予防歯科、総合治療の
「大切な歯をできるだけ削らない、歯と神経を残す」歯医者|藤井歯科医院