こんにちは。

「過去の治療で入れた銀歯を外して、メタルフリーのお口にしたい」と、ご希望の患者さんの治療です。

 まずは、

ラバーダムをして、

銀歯を外してみると、

銀歯の下の接着剤が黒くなっています。
噛み合わせの歯とよく当たる部分の歯がわずかにかけて、そこからむし歯菌が侵入した可能性があります。

次に、

銀歯の下の接着剤とその周りのむし歯、弱い歯を取り除きます。

次に、白い詰め物(レジン)をくっつけるための接着の準備をします。

青い液でエッチング処置をしたら、その後、接着剤をつけて(写真なし)、

歯の内部の神経を保護する目的で、露出した歯の表面を透明度の高いレジンで薄く固めます。

次に、

変色した歯の色を遮断する目的で、透明度の低いレジンをのせます。

この後、2種類のレジンで歯の形を作りました。

 

治療前後

治療後の写真では、長時間ラバーダムをつけた状態で治療していたために、歯が乾燥して全体的に白くなっています。

数時間で歯の色が戻りレジンの色と馴染むといいのですが、今回は少し白色のレジンの配合が多くなっているかもしれません。

今後、このほかの歯も順番にメタルフリー治療を行う予定です。

 

ダイレクトボンディングは、歯を削る量をできるだけ少なくできる、歯に優しい治療法です。

できるだけ自分の歯を削らないことは、その後の歯の寿命に関わる大切なことです。
全ての状態にベストチョイスという訳ではありませんが、選択できるなら歯を守ることにつながります。

 

また、ダイレクトボンディングを成功させるためには、
治療前に歯周病治療を終えておくことや、ラバーダム防湿など、しかるべき手順を踏んだ上で、基本を守り各ステップを丁寧に行う必要があります。

 

自然な形態と色を再現できるよう、これからもトレーニングと勉強をして研鑽を積みたいと思います。


皆さまが快適なお口で、楽しい毎日を過ごせますように
藤井歯科医院・副院長
藤井芳仁

名古屋市天白区植田
歯周病、インプラント、審美歯科、歯内療法、予防歯科、総合治療の
「大切な歯をできるだけ削らない、歯と神経を残す」歯医者|藤井歯科医院