こんにちは。

過去に治療を受けている歯の再治療のお話です。

噛み合わせの部分に、以前むし歯治療を行なっているようです。

しかし、一部分は詰め物が取れています。
残っていても穴を埋めているだけの形に見えます。

このままでも、すぐには大きな問題は出ないと考えられますが、患者さんと話し合った結果、現時点でできる範囲のことをしてからメンテナンスに入ることに決まり、治療することになりました。

少なくとも、詰め物が取れて歯の中がむき出しになっている部分は、保護しておきたいです。

 

この先、再び取れたり、段差から二次むし歯になるリスクをできるだけ減らすよう、私のできる範囲で精密な治療を進めます。

治療前

レジン(詰め物)の接着のためには、乾燥した環境が必要です。
ラバーダムをして乾燥状態を作って、

今入っている詰め物を外し、すでに取れているところは一層削って綺麗にします。

ボンディング処置をします。↓

長期間の経過の中で、レジンの周りが剥がれたり、段差ができないようにするために必要な処置です。

そのあと、

接着剤を塗ります。(見にくいですが、黄色い液がついています。)

このあと、削った歯を保護して、その上に歯の形を作ります。

ラバーダムを外して、高さの微調整をしてから磨き上げて、

完了です。

自然界が作った私たち人間の、本来持っている形を真似して精密に作るのは難しいです…。
もっと綺麗に、もっと早く治療できるよう、研鑽します!

 

ここからは、患者さんのセルフケアと、私たちのプロケアでメンテナンスします。

将来のお口の安定のためには、メンテナンスが必要です。
精密な治療は、そのスタートラインとして必要な条件です。

精密な治療を行うのは、将来再び悪くなって治療を繰り返さないようにするためです。

 

悪くなった部分は精密に治し、
そのあとは質の高いメンテナンスを行うことで、
病気のない安定したお口を作ることができます。

 

ゴールは、患者さんが病気のない快適な生活を送り、人生を楽しむことです。
そのために、一つ一つ積み上げていきます。

私が取り組んでいる分子整合栄養医学も、そのためのものです。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。


皆さまが快適なお口で、楽しい毎日を過ごせますように
藤井歯科医院・副院長
藤井芳仁

名古屋市天白区植田
歯周病、歯内療法、インプラント、ダイレクトボンディング、審美歯科、歯の移植、予防歯科、総合治療の
「大切な歯をできるだけ削らない、歯と神経を残す」歯医者|藤井歯科医院