詰め物が歯ぐきに覆いかぶさって…

奥歯のむし歯治療で受診なさった患者さん。

前歯に、以前受けた治療の跡があり、自覚症状はありませんが、
その周りの歯ぐきが赤くただれ、傷んでいます。

%e5%88%9d%e5%bf%83

患者さんに話を伺うと、以前かかっていた歯医者さんで、

・歯磨きが強すぎるために、歯ぐきが下がって根っこが出ちゃってるから、出た根っこは詰めてカバーしておくね。
・歯磨きはもっと力を弱くやるようにね。

と説明を受け、特に痛みなどはなかったけど、詰めてもらったとの事。

 

何点か考えてみたいと思います。

1.
上の写真で歯の先端の形を見ると、どの歯も平らにすり減っています。

%e3%81%b6%e3%82%89%e3%81%8d
歯には強い力がかかっていた事が考えられます。

歯にかかった強い力が原因で、歯には常に振動が伝わり、その結果歯ぐきが下がり、
根が露出した経緯もあるのではないかと推測できます。
(歯磨きの力もゼロではないでしょうが。)

もし、歯磨きだけが原因ならば、他の歯にも同じように力がかかって、程度の差はあれど他の歯も歯ぐきが下がっている可能性があります。

 

2.
そして、根が出ても、ご本人が特にお困りでなければ、詰め物でカバーする必要は本当にあるのでしょうか。

露出した根は、水分が多く抵抗力は弱いですが、清潔にできていれば基本的にむし歯にはならないし、ゆっくりと時間をかけて根が出たのならば、症状も出ない事だってあります。

むしろ、歯ぐきの近くに人工物を置く事の方が、歯周病の観点からもリスクはあります。

根が出ても、その原因と今後の予防法をよく説明して、歯への処置はしない事がほとんどです。

 

3.
説明として、歯磨きを弱くする必要性をお話し頂いたとの事でしたが、

それ以外にも、歯ぐきが下がった理由(かみしめ)と、
それをできるだけ防ぐための今後の対策についてのアドバイスをいただけたら、
根本解決につながりやすかったのかな、と思います。

「歯ぐきが下がる=歯磨きが強いから」
と言われたことがある方は多いかもしれませんが、その他にも要因はあるのです。

むしろ、歯磨きだけが原因の場合の方が少ないのではないでしょうか。

 

 

このように、根が出た場合には、繰り返さないように原因を明確にし、

原因への対応
・過度な力への対策
・歯磨きの確認

をしつつ、

 

歯への処置として、

・何もしない
・根面被覆術(うわあごの粘膜を、露出した根の上に移植することで、下がって無くなった歯ぐきを回復する)
・しみる場合は根面保護剤を塗る(私は年に1回もしないかもしれません…)
・むし歯になっていれば、むし歯治療

 

のどれかを、患者さんと話し合って行います。
一番多いのは、「何もしない」選択です。

 

今回は、少しだけむし歯になっていたので、むし歯治療を行いました。
歯周病初期治療を終えると、

%e3%81%97%e3%82%87%e3%81%8d%e3%81%a1%e3%82%8a%e3%82%87%e3%81%86%ef%bc%92

歯周病治療とセルフケアの確立によって、清潔になったために、
腫れていた◯の歯ぐきは、くっきり引き締まり、
問題の歯の矢印の歯ぐきも、引き締まりました。

詰め物の形は、

cr

歯からはみ出ているのがわかります。

はみ出た詰め物は、歯ぐきの上に覆いかぶさっていて、

siseki

歯ぐきをよけると、覆いかぶさった詰め物の裏側に歯石が付いています。
詰め物が歯石のできる場所になってしまっていました。

歯石と詰め物を外し、詰め直します。

%e3%81%b5%e3%81%83%e3%81%aal

今回は、外してみると詰め物の裏側にむし歯ができてしまっていたので、
むし歯の部分だけ、最小限で削り、根の形を復元する形態で最小限の詰め物を接着しました。

 

ちなみに、反対側も同じく詰め物が…

%e3%81%af%e3%82%93%e3%81%9f%e3%81%84

こちらも歯には合っていなくて、むし歯と歯周病の発生装置になってしまっています(泣)。

今後、こちらも外して綺麗にする予定です。

 

患者さんご自身のご自覚がなくても、このような状態になっていることは、よくあります。

 

自覚できないからこそ、安心して

「予防」
「治療」
「健康であり続けるための知識の提供」

をしてくれる、かかりつけの歯科医院さんと長くお付き合いしたいものです。

 

明日は勉強会に参加です。
気持ちのいい秋晴れの中、部屋にこもります!


皆さまが快適なお口で、楽しい毎日を過ごせますように
藤井歯科医院・副院長
藤井芳仁

名古屋市天白区植田
歯周病、インプラント、審美歯科、歯内療法、予防歯科、
総合治療の
「大切な歯をできるだけ削らない、歯と神経を残す」歯医者|藤井歯科医院

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です