こんにちは。

今日は、ラバーダムの効果を十分に発揮するためのある方法のお話です。

 

治療中に歯の中に細菌感染が起こらないようにするための方法に、
ラバーダム防湿があります。

img_4173

唾液や血液ゾーンと治療部位を分けるために、
ラバーダムシートというゴムのシートを歯に固定する方法です。

 

ラバーダムを行うことにより、

・ラバーの向こうは、唾液や粘膜などに細菌のいるゾーン
・ラバーのこっちは、清潔な器具や薬液が歯に触れる、清潔な治療ゾーン

というように、清潔な環境を確保することができ、治療成績の向上に大きく役立ちます。

 

他にも、
・薬液が喉に流れるのを防ぐ
・器具をお口の中に落ちるのを防ぐ
・治療する歯の中の湿度が高くならないようにする

と、役割はたくさんあり、根の治療や、むし歯治療で特に効果が大きい処置です。

 

むし歯や根っこの病気の原因は、歯の中に住み付いてしまった細菌です。
治療中に歯の中がさらに細菌感染しないようにすることは、歯の寿命に直結するとても大事なことです。

 

しかし、ラバーダムをしても、
img_6121

ラバーダムによって治療ゾーンと唾液が隔離されているように見えますが、

少し時間が経つと...

%e3%82%82%e3%82%8c

ラバーと歯の隙間から唾液が漏れてきています。

歯の形などの影響で、ラバーと歯の間に隙間があると、
このように唾液を完全に防ぐことができないことがあります。

 

隙間ができる場合は、このように、

%e3%81%b1%e3%81%a6

パテを隙間に詰めて、漏れないようにします。

これで、細菌を含んだ唾液がこっち側に漏れてくることはありません。
そして、薬液がお口の中に漏れることもなくなり、安全な治療を行うことができます。

安心して確実な治療ができる環境が整うわけです。

 

この他に、ラバーダムを行うためには、隔壁(こちらで説明しています)を作る必要もあったり、
治療成績を上げて歯の寿命を長くするためには、行っておきたい処置がいくつかあります。

このように、

untitled1

それらの処置をした上で行う根管治療と、

 

untitled2%e3%81%9d%e3%81%ae%e3%81%be%e3%81%be

そのまま行う根管治療。

 

治療結果は同じでしょうか。

 

歯のトラブルの原因の多くは細菌感染です。
治療では、その細菌を確実に取り除き、再び感染しないような環境作りが求められます。

歯科治療の最も基本的な部分です。

 

このような当たり前に見えることが、確実に行われていれば、
「以前治したところがまた痛くなった。」ということはずっと少なくなるはずです。

『精密に、確実に』治療や予防を行う、かかりつけ歯医者さんを味方につけて、
健康な人生を楽しんでいただきたいと思います!

 

今日もここまで読んでいただき、ありがとうございました。
いよいよ気温が低くなってきました。
体調管理に気をつけてくださいね!


皆さまが快適なお口で、楽しい毎日を過ごせますように
藤井歯科医院・副院長
藤井芳仁

名古屋市天白区植田
歯周病、インプラント、審美歯科、歯内療法、予防歯科、
総合治療の
「大切な歯をできるだけ削らない、歯と神経を残す」歯医者|藤井歯科医院