先日の診療後、「論文の読み方」をご指導をいただく、
論文抄読会(しょうどくかい)に参加しました。

 

世の中には、医学論文がたくさんあります。

そして、論文を読む時には、書いてあることを鵜呑みにして読み進めていいわけではありません。

星の数ほどある医学論文の中から、研究として信頼しても良いものを選んで、
効率的に読み進める必要があります。

この論文抄読会では、
研究が正しい方法で行われいていて信頼できるものなのか、を見極めるための、
「論文の正しい読み方」を学びます。

それを湯浅先生(医学論文のスペシャリスト)に教えていただけるということで、
大変ありがたい時間です。

 

論文の正しい読み方が分かっていれば、
その研究が正しい方法で行われた上で、論文が書かれているか、
がわかります。

論文の正しい読み方により、
正しい方法に従って行われていない研究だとわかったならば、研究の信頼性が下がります。

結果的にその論文の扱い方が変わります。

 

というわけで、まずは「論文の正しい読み方」を身につける必要があるのですね。

 

勉強会では、今まで疑問だった事をいくつか質問できて、
とても勉強になりました。

これで英語論文に向き合うハードルが、少しは減りまし…た(?)
読みたいときにさっと検索して、さっと読むことができるように、頑張ります(^^)

 

今後、定期的に開催されるこの論文抄読会。
楽しみがまた増えました。


皆さまが快適なお口で、楽しい毎日を過ごせますように
藤井歯科医院・副院長
藤井芳仁

名古屋市天白区植田
歯周病、インプラント、審美歯科、歯内療法、予防歯科、総合治療の
「大切な歯をできるだけ削らない、歯と神経を残す」歯医者|藤井歯科医院