こんにちは。

桜の花も散りはじめ、暖かくなってきましたね。

今回は、
痛みのある歯を治療する前に、まず行うべき、とても大切な内容のお話です。

 

歯科を受診する時は、多くの場合で痛みや違和感など、何らかの苦痛を感じていますよね。
なので、まずはその痛みを取る治療はもちろん必要です。

でも、そのまま、その治療だけを続けていいのでしょうか。

例えばむし歯の場合、

むし歯という【結果】があるなら、その前には、【原因】があります。

【結果】=むし歯 に対する、むし歯治療=「対症療法」のみでいいのでしょうか。

 

「対症療法」と合わせて、

その【結果】を生むことになった【原因】=細菌 を取り除く、

お口の環境改善=「原因療法」を行う必要があります。

応急処置で、苦痛が和らぎ進行を止めたら、その次には、
「原因療法」として、お口の環境改善を行います。

 

具体的には、

患者さんは、毎日行うセルフケアの質を、できる範囲で上げ、
私たちは、クリーニングによって、原因となっている細菌を取り除きます。

 

その結果、

  • 歯周病にかかっている場合には、細菌を取り除くことが歯周病の基本治療になり、歯周病が治ります。
    (重度の場合は、より高度な治療が必要なこともあります。)
  • 歯周病が治ることで、歯ぐきからの出血がなくなり、むし歯治療の精度が上がります。結果的に長持ちします。
    (出血や唾液が治療部位にあると、むし歯治療の精度が下がります。)
  • むし歯の原因である細菌の除去ができるので、治療後のむし歯再発を防ぐことができます。

と、お体を大切にするためには、いいことばかりです。

 

(*今回、わかりやすくするために、むし歯の原因を、細菌に限ってお話しましたが、
実際には、食習慣をはじめ唾液、呼吸、姿勢、噛みしめ、生活習慣など、さまざまな因子が関係します。)

 

また、
治療計画は、専門家としてのサポートをした上で、患者さんのお考え、ご希望、期間などを最重視して、患者さんと一緒に決定します。
お話をよく伺い、ご要望によっては、この他の流れで行うこともありますので、ご相談ください。

実際には、ほとんどの方が今回お話ししたプランで進めています。

 

お疲れ様でした。
今回は概念的なお話が続き、分かり難かったかもしれません。

「何をするにも、まずはお口をキレイにするといいんだな。」と、ざっくりで捉えていただければ十分です。
(初めからそう書けばよかったかな…。)

中部地方では、お花見のできる最後の週末になりそうですね。
今週末がちょうどの地域、まだこれからの地域の方もいらっしゃることと思います。

みなさま、素敵な週末を!


皆さまが快適なお口で、楽しい毎日を過ごせますように
藤井歯科医院・副院長
藤井芳仁

名古屋市天白区植田
歯周病、インプラント、審美歯科、歯内療法、予防歯科、総合治療の
「大切な歯をできるだけ削らない、歯と神経を残す」歯医者|藤井歯科医院