ダイレクトボンディングの治療例です。

治療前は、

歯ぐき近くの銀歯と歯の適合が完全ではないために、フロスを通すと切れてしまっていた銀歯。

外して、中に見つかったむし歯も治療して、ダイレクトボンディングで形と色を復元しました。

ダイレクトボンディングの一番の長所は、最小限の削る量で治療できること。
型取りをして治すセラミック治療よりも、削る量が少なくできます。

どんなケースにも適応できるわけではありませんが、
できるならば歯を最大限守ることのできる、歯に優しい治療法です。

 

お口の中で、段差の無いように精密に回復するために、
ラバーダムをして高倍率の拡大視野の元、
一つ一つのステップを確実に丁寧に行います。

 

治療の質が歯科医師の手技に左右されやすい方法なので、
進歩し続けられるよう、これからもトレーニングを積みます。

 

一番大切なのは、このような治療を受けなくてもいいように、むし歯を作らないことです。
食事・間食のタイミング、歯磨き、定期的なプロフェッッショナルケアで、むし歯を予防しましょう。


皆さまが快適なお口で、楽しい毎日を過ごせますように
藤井歯科医院・副院長
藤井芳仁

名古屋市天白区植田
歯周病、インプラント、審美歯科、歯内療法、予防歯科、総合治療の
「大切な歯をできるだけ削らない、歯と神経を残す」歯医者|藤井歯科医院