予防歯科(根本解決編:part1)

こんにちは。

予防歯科4回目です。

今回は、お口の健康を維持するための大切なお話です。
今回と次回の2本立てでいきます。

mushiba_boy

最近、歯医者さんに行った理由は何でしたか?

私が日々の診療で、初診来院理由で最も多くお目にかかるのはやはり、

「むし歯ができて、歯が痛くなってしまったから。」

です。

 

今回は、歯が痛くなって歯医者さんに行った場合をはじまりに、
お口の健康と、病気の発生、その予防について、
順を追って考えてみましょう。

 

ちなみに、ほとんどの初診来院理由が、
「困ってはいないけど、メンテナンスしたいから」
の時代になると、そのあとに降りかかってしまうかもしれない、
全身的疾患もずっと少なくなり、健康寿命が長くなりますね。

「罹ってしまった病気に追いかけられる人生」から、
「健康な体で、楽しめる人生」
にすることは、今からでもできます。

 


むし歯ができてしまいました。

原因結果2nd(jpg).001

虫歯ができて、穴が開き、冷たいもので歯がしみるようになってしまいました。

 


歯医者さんに行って、むし歯を削って治します。

原因結果2nd(jpg).002

むし歯は削ることで無くなったし、開いた穴も人工物で機能を復元しています。
痛みもなく、食事もできるようになりました。
お口に苦痛のない日常生活に戻れます。

 


しかし、むし歯を削って歯を入れるだけで、本当にいいのでしょうか?

原因結果2nd(jpg).003

むし歯を削って歯を復元した事は、
「穴が空いたから削って埋めた」
という、対症療法にすぎません。

土のついた擦り傷(ばい菌が残っているお口の中の歯)に、
直接、絆創膏(詰め物など)を貼ったようなものです。

 


しかも、そのむし歯は、自覚症状(しみる)があったから気づく事ができました。

原因結果2nd(jpg).004

歯の病気=むし歯や歯が割れるなど、は、しみたり、痛かったりと、
自覚症状を感じやすいので、自分で病気の存在に気付きやすいです。

 


しかし、お口の中には、もう一つ、病気にかかりやすい場所があります…

原因結果2nd(jpg).005

歯ぐきに起こる歯周病です。

歯周病は、初期の頃にはほとんど自覚症状を感じません。
重症化して歯がグラグラしてきた頃に、やっと噛むと痛くて気づく事もあるくらい、
自覚症状を感じにくい病気です。

その気づかないままに静かに進行する様子から、
サイレントディジーズ(Silent Disease:静かなる病気)と言われています。

むし歯と歯周病はお口の二大疾患です。

 

むし歯は削って詰めるなどの、対症療法がありました。
歯周病の対症療法は…

6.001

歯ぐきが腫れたり、骨が溶ける歯周病には、むし歯のように、
削る、詰めるなどの対症療法がありません。

では、治せないのでしょうか??

 

ーーーーーーーーーー

今日はここまでにして、次回、歯周病の根本解決のためのお話から続けます。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。
お疲れ様でした。

では、よい週末を!

 

皆さまが快適なお口で、楽しい毎日を過ごせますように
藤井歯科医院・副院長
藤井芳仁

名古屋市天白区植田
歯周病、インプラント、審美歯科、歯内療法、予防歯科、
総合治療の
「大切な歯をできるだけ削らない、残す」藤井歯科医院

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です