顎関節症とTCHの勉強会に参加しました。

こんにちは。

この前の日曜日、以前からお話を聴かせていただきたかった東京医科歯科大学・西山暁先生の講演会に参加しました。

テーマは、顎関節症、特にTCH(歯牙接触癖)についてです。

IMG_9083

顎関節症については、もともと大学院がかみ合わせを研究する科だったので、
大学病院内の顎関節症の症例検討会にも参加し、頭の中は整理されていましたが、
当時と今とでは、その分類も考え方も、治療のアプローチの仕方も変化しています。

今回は、大事な部分の変更点が確認できて、とても有意義でした。
よく整理して、しっかりと頭に落とし込んで毎日の診療にいかします。

 

TCHについても、本当に多くの患者さんがこのことが原因でお困りなので、
知識の整理ができてよかったです。

TCHは日本語では歯牙接触癖といいます。

上下の歯は食事の時以外は、本来離れているのが正常なのですが、
食事以外の時にも噛み合わせてしまう癖のことを、TCHと言います。

bruxism009

合わさっている時の力の大きさは関係ありません。
たとえ弱い力で、そっと合わさっているだけでも、
弱い力だからこそ長時間に及びやすく、筋肉にとっては負担が大きいのです。

 

TCHがあると、筋の過緊張により、顎の筋肉や関節が痛かったり、
歯の痛みや不快感、しみるなどの症状を引き起こします。

歯がしみる方の中には、TCHが原因になっている方も多いと感じています。

 

むし歯や歯周病という感染症は完治して、それによって失われた歯も復元した。
毎日のセルフケア上手にできるようになって定着した。
あとは健康を維持するために、メンテナンスをしていくだけ!

という段階まできたのに、歯がしみる、顎がだるい、そのせいで日常にストレスがある。

そんな状況は実は多いのです。

 

みなさんの中にも、むし歯はないって言われたけど、歯がしみて困っている。
という方がいらっしゃるかもしれません。

お仕事をしている時、本を読んでいる時、運転している時、携帯を見ている時などに、
上下の歯が合わさっていなくて隙間があるか、感じてみてください。

歯が離れているのが正常の位置です。

 

歯がしみる方の中には、TCHを無くすことで症状の消えることもよく経験します。

なんとなくいつも歯がしみる、顎がだるい感じがする、首や肩が辛いなどの症状でお困りでしたら、
TCHの知識もお持ちの歯医者さんに、一度ご相談してみてはいかがでしょうか。

 

皆さまが快適なお口で、楽しい毎日を過ごせますように
藤井歯科医院・副院長
藤井芳仁

名古屋市天白区植田
歯周病、インプラント、審美歯科、歯内療法、予防歯科、
総合治療の
「大切な歯をできるだけ削らない、歯と神経を残す」歯医者|藤井歯科医院

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です