こんにちは。

過去に他院で治療が済んでいても、その後に不快症状や痛みがあり、ご相談をいただくことがあります。

症状を数年間我慢なさっていたり、数ヶ月前に治療が終わったばかり、ということもあります。

 

そして、その多くは改善できる状態なので、よく相談した上で治療を始めることが多いです。

外してみると、むし歯の取り残しがあったり、詰め物の適合が甘かったりと、基本通り行えばクリアできることが原因になっていることがほとんどです。

 

今回は、以前、他院でむし歯治療を行い、ハイブリッドセラミックインレーで審美治療が終了している小臼歯↓

治療を受けた後に、食べ物が挟まったり、デンタルフロスが引っかかるとのことでした。

今回は、ハイブリッドセラミックインレーを外して、ダイレクトボンディングで治すことになりました。

お口元から見える前側は、

ハイブリッドセラミックインレーの境目が着色して、茶色い線が見えます。

奥側は、

復元すべき歯の一部がないようです。

歯ぐき側は、歯ぐきの上にオーバーに乗っかって、プラークが付着しています。
自然な形ではないので、歯磨きや、フロスでのお掃除が難しいようです。

ラバーダムを装着して、詰め物を外してみると、中にむし歯もありました。

むし歯を取り除くと穴は大きくなりましたが、強度を保つだけの歯の厚みが残ったので、予定通りダイレクトボンディングで歯を復元することにしました。
(歯の厚みが薄いなどの理由で強度が保てなさそうな時は、セラミックアンレーを選択し、予後を確実にすることが多いです。)

治療終了↓

フロスは引っ掛かりなく使えるようになりました。

治療前後↓

ダイレクトボンディングは適応症を守れば、強度、歯の色、削る量など、メリットの多い治療方法です。

理論の習得と、技術とセンスにも左右される治療法なので、これからもトレーニングを積みます。
(センスは大きくは変えれないかもしれないので…、技術でカバーできるように頑張ります^^;)

 

花粉症の方は、歯科治療がを受けるのが苦しい季節ですね。

糖質を抑えることで、過剰な炎症反応が抑えられます。
糖質を抑えることによる炎症反応の軽減は、短期的にも効果が出やすいので、今からでも少しでも楽になれるかもしれません。

糖質を控えるだけだと、カロリー不足になるので、たんぱく質、脂質をしっかり摂りましょう。

このお話はとても大切で基本のことなので、近いうちに別の記事で書こうと思います。


皆さまが快適なお口で、楽しい毎日を過ごせますように
藤井歯科医院・副院長
藤井芳仁

名古屋市天白区植田
歯周病、歯内療法、インプラント、ダイレクトボンディング、審美歯科、歯の移植、予防歯科、総合治療の
「大切な歯をできるだけ削らない、歯と神経を残す」歯医者|藤井歯科医院