神経を取ったのに、歯が痛い!

前回、神経を取った歯にその後起こる変化についてお話しました。

一度神経を取った歯に細菌感染が起こると、
「根尖性歯周炎」と言って、根っこの奥の歯ぐきが痛む病気になることがあります。

今日は根尖性歯周炎についてお話します。

toothache

Drawquest — Creature has a toothache / vinally

前回の記事で根尖性歯周炎は、歯の中の細菌感染が原因で起こると書きました。

細菌感染が原因で起こる病気、と聞くと、よく耳にする感じかもしれませんね。
でも、神経を取った歯の場合は、とても複雑な状態なのです。

そして、このことが何年もかけて繰り返してしまう、高い再発率につながっています。

 

いったいどのように複雑なのでしょうか?

  1. 神経を取った歯の中では、細菌は何からも攻撃を受けない。
  2. 歯の中の空間は、迷路のように複雑で掃除しきれない。

1.神経を取った歯の中では、細菌は何からも攻撃を受けない。

体は日々、いろいろな外敵と戦っています。
例えば、細菌やウィルス。

数えられないほどの細菌やウィルスからの攻撃を受けながらも、
私たちが病気にならずに健康に生きていけるのは、生体が持っている免疫力のおかげです。

具体的には、血液に含まれている白血球のおかげですね。
健康な人では、血液があればそこには白血球があり、免疫力が働きます。

 

体内に細菌が存在すると、白血球が攻撃することで、私たちの健康は保たれます。
しかし、なんらかの理由で白血球が働けない状態だと、細菌の勢力が優勢になります。

 

例えば、喫煙。

歯の根元に汚れや細菌が付いていると、歯ぐきに血液をたくさん流して、
たくさんの白血球を集め、細菌に抵抗しようとします。

ところが、タバコを吸っていると、歯ぐきの血流が抑えられてしまいます。
ということは、血液に乗って運ばれてくるはずの白血球の量も減ってしまいます。

歯ぐきの中では、免疫力で細菌に抵抗しようとしています。
しかし、白血球が運ばれにくいので、十分に戦うことができません。

そのために、タバコを吸っている方は、歯周病の進行が早く、程度も強いです。

歯周病については過去の記事にも書いています。

神経を取った歯の中はどうでしょう。

神経があった頃は、血液も流れていましたので、免疫力がありました。
しかし、神経を取ると、血管も無くなります。

免疫力はゼロになってしまっています。

 

もしも、神経を取った空間に細菌が存在すれば、
全ての治療終了後にも、免疫力からの攻撃を受けずに、ぬくぬくと生きることができます。

ゆっくりと増えた細菌たちは、ついには、歯の外へと勢力を広げ、
歯の周りの骨を溶かすなどの被害を出し始めます。

神経を取った後、忘れた頃に症状が出るのはこのためです。

2.歯の中の空間は、迷路のように複雑で掃除しきれない

そして、一度細菌が住み着くと、完全にバイ菌をゼロにすることはできません。
これは歯の中の神経があった空間が、迷路のようになっているからです。

歯の中の神経があった管(「根管(こんかん)」)は、イラストでは

このように書きますが、実際には、

小臼歯根管 

こんな形のものもあります。

2本と見せかけて、合流して一本。
そして尖端では、細かく枝分かれ。
枝分かれのことを「側枝(そくし)」と言い、根の先端3mmに多くみられます。

 

他には、

大臼歯根管

 

網目!(掃除できそうに見えますか?)
そして、左側の根管は途中で3本くらいに分かれて、その先で合流しているように見えますね。

実は、これらの複雑な根管のうち、器具を入れることで神経を取ったり消毒できるのは、基本的には一番太いもの(国道?)だけです。

側枝(県道)や網目など(町道)に器具を入れるのはとても難しく、触ることができないことが多いです。
(拡大視野で治療すると見える範囲で、または見えなくても枝分かれなども扱えることは、稀にあります)

 

そして、それら処置できない根管は、薬液の消毒に期待するのみです。
しかし、消毒の効果は一生ものではありません。

 

もし、一度細菌感染を起こしてしまうと、二度と細菌を完璧に取る除くことはできないということです。

一度あの複雑な構造の中に細菌が入ったら、それっきり、とは怖いですよね。

根尖性歯周炎にならない、または、再発させないためには

最も大事なことは、難しい形の根管をいかに掃除するか、ではありません。

本来、細菌感染していないこれら複雑な根管内を、治療によって余分に細菌感染させない

ことです。

 

具体的には、

  • むし歯を取り残さない(拡大視野でよく見る、時間をかけるところにはしっかりかける)
  • 唾液や血液など、感染の可能性のあるものを根管内に入れない(隔壁、ラバーダムなどで防ぐ)

ことが大切です。

 

これをやればいいというわけではなく、他の処置も含めた総合的な結果が大切ですが、
この2点をしっかりするだけでも、歯の寿命が格段に変わります。

これらの詳細については、他の記事でも書いています。(いつも同じリンクでごめんなさい)
拡大視野ラバーダム隔壁

 

しかし、どれも患者さまには努力のしようがないところが、難しいポイントかもしれませんね。
そういう治療をしてくれる歯医者さんに治してもらう以外に、方法はないです。

医療は人の行うことです。
誰が行っても、完璧はないかもしれません。
しかし、医療としてこれら2点を守るなど、正しいことを行おうとしているかは、
人の仕事なだけあって、差が出るのかなと私は思います。

 

そして患者さまにお願いしたいのは、
まずは普段から歯磨きをしっかりして、病気をつくならいこと。
予防が第一です!

 

ここまでお読みいただき、お疲れ様でした。

 

皆さまが快適なお口で、楽しい毎日を過ごせますように
藤井歯科医院・副院長
藤井芳仁

名古屋市天白区にある、歯周病、インプラント、審美歯科、予防歯科まで、
総合治療の藤井歯科医院

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です